Aftershokz トランスミッター付きのAS801-ABT01を買ったので感想とか書く

骨伝導ワイヤレスヘッドホン、それは僕の生活には今まで無かった物。骨伝導という経験したことのない技術をそろそろ体験したいという好奇心もさることながら、リモートの打ち合わせなんかはPCのスピーカーだといまいち聞き取りにくいと思っていたところに良さげな商品を見つけたのが購入のきっかけです。

Blutoothイヤホンにすることを考えましたが、出社した時に会社でイヤホンしていると電話の取り次ぎなんかで他の人に手間をかけることもあります。

そこで僅かな問題解決と抑えきれない好奇心と安倍首相からの10万円に後押しされてAftershokzのワイヤレスヘッドホンを購入したわけです。ちなみに10万円はまだ届いていません。

大きさ・重さについて

重さは公式によると100円玉5枚(26グラム)の重さとのこと。持ってみると確かに軽い。100円玉5枚無かったので、10円玉(1枚4.5グラムらしい)を5枚と比べてみたが、僕には違いがわかりませんでした。

また大きさについても10円玉を5枚並べた程度のものでした。

音について

この製品をつけたまま動画を見たり音楽を聞いたりしましたが、聞き取れないということはまーったくありません。ちゃんとクリアに聞こえます。

なのでリモートワークのヘッドホンとしても問題なく使えそうだなという印象です。ただ、カナル型イヤホンや普通のヘッドホンのほうが間違いなく細かな音が聞こえます。

だからといって、製品がダメとは思いません。そもそも土俵が違うというか、使う用途が違うように思います。

なので、小さな音を聞き分けたり、音質を最重要視する場合はカナル型イヤホンや普通のヘッドホンを買ってください。

実際はどんな音かと言うと、aftershokzで聞いた感じは、ヘッドホンというよりはPCのスピーカーが耳の近くにある感じというのが現時点での僕の表現です

しかし、aftershokzを付けた状態で耳の穴を塞げば聞こえる音が多くなります。耳の穴から音が抜けているんでしょうか・・・

当然ながら公式もわかっているようで、付属品で耳栓がついてきます。

他の人に音で迷惑をかけずにながら動画、ながら音楽をするには適しています。あとは耳を塞がないというのがaftershokzでないと実現できないものですね。

なお、耳から外したら全く音が聞こえないかというと、そうではありません。小さいですが音は出ています。静かな部屋だとそんなにボリュームが大きくなくてもPCで作業中に鳴ってるのがわかるくらいです。

PS4で使えるのか

付属のトランスミッターとPS4を光ケーブルでつなぎ、トランスミッターの電源はUSBでPS4から供給したところ使えました。

接続してすぐの状態では、なぜかPS4の設定で音の出力先をテレビにしたらaftershokzから出たりということもあったので、もし音が出ないという人はそのあたり切り替えてみてください。

AS801-ABT01以外の製品はトランスミッターは付いてこないので注意してください。

マイクとしてPS4に認識はされるんですが、動作しませんでした。(PS4のマイク調整機能では音が入ってきてませんでした)

トランスミッターまわりの付属品です。
光ケーブルやUSBケーブルもついてます。

上のほうでも書きましたが、細かい音を聞く場合は通常のヘッドホンやイヤホンが良いと思います。

大音量にできないけど、ある程度音を身近に聞きたいし、でも家族の声も聞こえるようにしておきたいという人には合ってるのではないでしょうか。(僕はこの用途です)

意外な発見

これは良い!と思った使い方があります。aftershokzで↓の動画のような自然音を聞くのはとても合っています。

これは全く予期してなかったポジティブサプライズです!

今までより仕事進むかも、って思いました。

細かい音を気にしなくて良くて、尚且つ耳を塞いでない自然な感じで聞きたい音。そういう音がaftershokzに合っているように思います。

合わないかもしれない人

ネックレスをつけていると、肩が凝ったり頭が痛くなるような人。こういう人には合わないかもしれません。

この製品はもちろん首にぶら下げるわけではないのですが・・・僕自身がまさにネックレスがダメで、aftershokzをしばらくつけていて疲れてくると肩が凝ってくるような感覚があります。

僕は買っちゃったので使い続けますが、この点が気になる人は、aftershokzの中でも安めの製品で試してからでも良いかもしれません。

ここは体調とも関係していると思うので、継続して使ってみて変化があれば編集していこう思います。

2020/06/20追記 買った翌日に合計4時間くらい装着していましたが、この記事を書いた時のようにしんどくなりませんでした。体調が悪い時は、軽い本体でも体の負担になるのかもしれません。

さいごに

つらつらと書いてきましたが、参考になる部分があったでしょうか。

僕が買ったのが税込で26,000円ほどでした。これに26,000円の音を求めると買って後悔します。

まだ試せてはないのですが、マイク機能もついているようです。リスニング用ヘッドホンではなく、耳を塞がない自然な感じで音が聞こえるヘッドホン機能+マイクと考えた方が26,000円に納得できるように思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました