Book

Book

1日ひとつだけ、強くなる。で興味深かった点

プロゲーマーの梅原大吾さんのメンタル面には大変興味があります。 そこで、著書の一つである、「1日ひとつだけ、強くなる。」を読んだので、その中で興味深かった点について書きます。 成果は各場面の「勝ちの総計」ではない 僕が理解...
Book

ストレスと病気についての本「身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価」の感想

ストレスフルな世の中 日本人の多くの人が、意識せずとも我慢や耐えることを美徳と思うように育っているのではないでしょうか。 実際、我慢や忍耐が必要な時はあります。それらはいわゆる克己のためであって、決して自分自身を抑圧するためではあり...
Book

世界でもっとも貧しい大統領 ホセ・ムヒカの言葉 感想

貧乏な人とは、少ししかもののを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ これは、2012年6月20日から3日間、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで国連の「持続可能な開発会議」の初日に行われたホセ・ムヒカ...
Book

かくかくしかじか 感想 大人になると共感してしまう作品です

僕の心に色々なものが突き刺さりました。大人が読むと、きっとどこかしら刺さる部分があるはず。 ネタバレせずにざっくりとどんなお話か言うならば、作者と絵の先生との思い出話。ただ、これだけなんです。文字で表現すると簡素に見えますが、...
Book

道は開けるより「今日だけは」シビル・F・パートリッジ

僕は先々のことを考えてしまうほうです。 現状に苦しいと、「この状態があとどれくらい続くんだ」と考えてしまいます。 終わりが見えない事柄だった場合、「不幸だ」と思ったりするのです。 デールカーネギーの「道は開ける」は 上記のような...
Book

ゼロ・トゥ・ワンを読んだ

ペイパルの創業者でもあるピーター・ティールの本です。 心に残ったのは、 明確な楽観主義、あいまいな楽観主義 明確な悲観主義、あいまいな悲観主義 という4つの区分の話がありました。 楽観・悲観については 楽観=未来を待ち望み、...
Book

どこで死ぬか 穏やかな死に医療はいらない

「穏やかな死に医療はいらない」を読みました。 僕が地元香川県に戻りたいと考えた理由に 長男であることと、東京で死にたくないという二つの理由があります。 後者に関しては、 東京での仕事は面白く、給料も地方より良いです。 しか...
タイトルとURLをコピーしました