ご飯を真剣に食べることで幸福度がアップする

手順

1.ご飯を用意する

これが無くては始まりません。食べたいものを用意してください。できればインスタント食品ではないほうが良いです。インスタントは味が単調だからです。

2.周囲を静かにする

テレビの電源を消す。スマホを触るのをやめる。音楽を止める。ご飯を食べながら見たり触ったりすることやめます。そして静かな環境にしましょう。

3.ご飯を口に運ぶ

ここは普段の通りにどうぞ。

4.目を閉じてゆっくり噛む

目を閉じることで五感に入ってくる情報が一気に減ります。さらにゆっくり噛む時に口に意識を集中してください。ゆっくり噛むので、味わうと自然と咀嚼回数が増え、お米なら甘みを感じられる等、味の変化が起こります。そうすることで、今まで他の刺激でスルーしてしまっていた味や食感を感じられます。

食べるって幸せなこと

食事という作業のように繰り返してきた行動での気づきが幸せにつながります。幸せは足元にある。真剣に食べることで、そのことに気づくことができるのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。