ジョナサン・アイブを読んだ感想と心に残った言葉

途中で止めていた「ジョナサン・アイブ」を読み進めました。
最近、デザインの大事さを説いている記事が増えています。
僕自身もWebという物質的な物ではないですが、作る側にいる人間としてデザインを知りたいと思ったためです。

以前はデザイン=見た目としか捉えていませんでした。
それが本を読んでいくと、製品のデザインとなると見た目だけでなく、機能性も包括したものだということがわかります。
物を作る順序として「何かしらの物を作って、それを飾る」と考えていたのが、全く逆転して「何を作るかをデザインが決める」ものだということを教えてくれます。

僕自身も初めてiphoneを触った時に、色々なことが考えられていてよくできているし、人気が出るのもわかると感じたのを覚えています。スマホという箱を飾るだけでは、現在のiphoneは生まれなかったのではないでしょうか。

本の中で一番ヒットした言葉はこれです。

エンジニアはだいたい今可能なことしか考えないの。
だけど工業デザイナーは、明日や未来になにができるかを思い描くのよ

ジョナサン・アイブ自身の言葉ではないのですが、デザインというものをうまく表現していると思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。