人生1回きり。これはどんな人生を歩んでも変わらない。

自分事になるまで事の大事さがわからないことを2つ挙げます。
これは僕が今の時点(30過ぎ)に自分事に感じても
もうちょっと早いほうがよかったと思ったので、
できれば同じ思いをする人を減らしたいのです。

・人生1回きり
・今日の1日と死ぬ直前の1日の長さは同じ

肉体的な変化が緩やかに来るし、
仕事やなんやと忙殺されて皆真剣に考えられてないと思うけれど
確実に死に近づいています。

思えば
「自分」っていう存在の不思議さや、
人として生まれて、色々な体験ができていることは言葉では表せられない
とても有り難いことだし神秘的なことですね。

生まれ変わりがあったとしても、人になれるかどうかわからないし、
人になったとしても今の家族、友人との大切な思い出は残っていないでしょう。
今生で無下にできるものなんて何もないんですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。