昔の偉人から学ぶ、死から生を考えるということ

この句は、
上の句(かかる時 さこそ命の 惜しからめ)と
下の句(かねてなき身と 思ひしらずば)
を別々の人が詠んだものです。

太田道灌が敵に襲われた際、敵が上の句を詠みました。
それに対して、太田道灌が下の句を詠んだのです。

本当に命が危ういタイミングで「かねてなき身と 思ひしらずば」と詠める。
この句を体現した生き方、考え方をしていたからこそ、
出てきた言葉でしょう。

松尾芭蕉は、全ての句が辞世の句なんだと言っています。
そこから分かるのは、全てが全力だったということです。

この人たちのような考え方で生きることが
人生を後悔なく生きるということにつながるのかもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。