人間が作る物と自然の物の違い

出張で東京に行ったのですが、
ひさびさに満員電車に乗っても以前よりも苦手になってるとか
そういうのは無かった。

人が多い分、色々な人を見るので
電車で英語の勉強をしているおじさんを見たりすると
自分も何かしなきゃなって良い刺激を受けたほどだった。

一方で、東京って華やかなイメージが今でもあるが、
都心に近い住宅街なんかの古めのビルを見ると
小汚いという印象を受けた。
今までこんなに明確に思ったことはなかったし、
感じていたにしてもそんなに気に留めてはなかった。

この時にふと思ったのは、
人間が作ったものって自浄作用が無いということ。
自然には自浄作用がある。
だからある程度の状態を保てるし
そこに人の手が入るとさらに良くなったりする。

人間の建物は汚れていく一方だし、数十年はもつけど一回きりのものだ。
自浄作用である程度の美しさは保たれる。
そんな建物があったらずっと使えるのにな。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。