「清貧の思想」読了

直近の記事でもその一部をブログに載せていた「清貧の思想」を
先ほど読み終えました。

日本人ですらこの内容がただの過去のものになってしまう日が来たら
日本人はかつての日本人にあらず。
外見、言葉は日本人なれど、中身は欧米人なり。
ということでしょう。

芭蕉を含め、多くの人が本文中に登場しますが、
その感じ方、思想を文章として残していてくれたことを
とてもありがたく思えます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。