「したい」と「為したい」似ているけど浮かぶことは全く違う

あなたがしたいことを想像してください。

次に、あなたが為したいことを想像してください。

「自分がしたいこと」を考えると、短期的なことが浮かびませんでしたか。
一方で「自分が為したいこと」を考えると、長期的なことが浮かびませんでしたか。

仕事を選ぶ時に
「自分がやりたいことって何だろう」って考えると思います。
そうすると、今やりたいことを考えてしまうのですが
じつは長期的な目線でやりたいことは別にあるという状況が発生します。

「為したい」というゴールに続く、「したい」を選ぶことで
足元から遥か先のゴールまで道がつながるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。