純文学の表現力に感動

三島由紀夫の「金閣寺」を読んでいます。

僕にとっては、初三島由紀夫で、初純文学です。
普段はビジネス書の類が多いのですが、
まず日本語の表現力の美しさに感動しました。

こういう小説は多くの語彙を頭の中に持っているからこそ
表現できる情景もあるなと思わせてくれました。

昔の美しい日本語を使っている小説を多く読むことで
自分も語彙力をつけられるかな・・・

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。