動機は内か外からやってくる

自分に向けての
「今現在の自分が強く感じていて、これからも忘れてはいけないこと」をメモ。

それは、何かをする動機は内から来るものと外から来るものがあって、
内からのほうが強く、そして長持ちするということです。

具体的には
外からというのは富・名声の類で、
内からは、何かを思ったり、変えたいという自分自身からわき上がってくるものです。

そして、内からの自分に従って行動することで
自分の物語の主人公になる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。