新選組血風録

まさに今、新選組血風録を読み終わりました。

燃えよ剣では語られなかった、「個」を掘り下げた作品。
僕が一番気に入った「沖田総司の恋」は、目を閉じれば瞼に場面が浮かび上がってきて、
作中の沖田の気持ちが痛いほどによくわかるものでした。

紹介するならば少しでも話の内容を載せるべきかもしれませんが、あえて載せず、
読み終わった者同士で「あの話はよかったね。」と感想を言い合いたい、
そんな気持ちになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。