国際化は必要なのか

日本国内で生産・消費を回すとすれば
どういう世の中になるのだろうか。

今の国内の作物の生産量だけでは
一億人以上を食わせて行くのは難しいのではないかと思いますので、
現実的ではないですね。

明治政府が開国して約150年。
「逝きし世の面影」という本を読んで、
国際化によって日本独自の文化は、減ってきているなと感じました。
しかし、全体を見れば、失うだけでなく、得る物も確実にあって、
そのおかげで今の豊かな生活になったことは間違いないです。

僕は今後、世界の先進国はますます似通ったものになると予想しています。

特に日本人は外国の物=かっこいいと思いがちな民族だと思いますので、
欧米化はますます進むでしょうね。
ハロウィンが若者に浸透してきたのが目新しい例です。

個人的には、やはり日本らしさは残ってほしい。
方言、日本家屋、日本独自のイベント、日本人の感性・・・
150年後の日本人も
今の僕と同じように「150年で日本独自の文化が失われた」と感じるのでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。