思考は現状の延長線上

一昨日のことですが、
無職なので友人と昼間からカフェでモンハンしてきました。
あ、友人はちゃんと働いていますよ。

その中で出た話。
「普段の考え方は、その時の状況の延長線上になる」
つまり、会社員だった時に次を考えると
すぐに転職となりますが、
それはまさに、その時(会社員)の延長線上となるわけです。

今の会社に所属していない環境で
お金を儲けることを考えるとなると、
「僕が得意なのはWebシステム、
でもじつは、それ以外にもお金の儲け方って色々あるし、必ずしも会社に所属しなくてもいいよね」
という考えも持てました。

Web業界のトップ企業は
インターネットが広まってきて間もない頃から創業しているところが少なくなく、
今までの考え方では無かった媒体の上で事業を閃くのは本当にすごいと思います。

不便を便利にするものや、今までの行為が少しだけ楽になったり気持ちよくなったり、
そういった事業の種を閃くためには、
色々なアイデアの元となる色々な体験が必要なのかもしれないなと感じました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。